岡野あつこの離婚相談救急隊 – rikon.biz

3万件の修復、離婚相談実績。離婚救急隊は難題の夫婦問題解決のプロとして定評あります。

離婚弁護士相談サポート|離婚・男女問題は頼れる弁護士を検索して無料相談

慰謝料・財産分与・養育費・親権・離婚調停・DVなど、離婚・男女問題は経験豊富な弁護士に無料で相談!

このページは私が監修しています


別れたい相手に告げる

離婚を決意するとまずその意思を相手に告げなければいけません。
相手の同意なく離婚届をだすことはできません。受理されたとしても
無効の訴えをだすことができます。

しかし、あなたにも相手にもこれから先の人生があるのですから、
出来るだけ納得できる解決方法を探したいものです。
まずは話し合いの場合をもつことがとても大事なのです。

日常的に喧嘩が続き、お互いに離婚を口走ってしまっている場合は、
ほぼ同意の上だと考えていいでしょうが、その場合にしても
具体的に実行に移すことを伝えなければいけません。

離婚を言い出したものの、修復を願いタイミングを見計らっている
可能性も否定してはいけないでしょう。

離婚の原因とはいろいろあり、鬱々と心の中でたまっているものが
爆発するケースも非常に多くあります。そんな場合、相手にとっては
寝耳に水ということも考えられます。

離婚には同意が必要なのですから、話し合いの場を持てないことには
前進しません。離婚後の生活設計も含め、円満解決できるのが理想です。
スムーズに進めるためには計算が必要です。


・直接会って、口頭で伝える
・電話など、顔の見えない状態ではあるが口頭で伝える
・メールや手紙で伝える
・第三者を介入する


人間関係のマナーとして、自分の結婚生活の終わりなのですから
自身で解決することが最低限のルールです。
しかし、原因がDVである場合など、離婚を切り出すことによって、
身に危険が及ぶケースもあります。

まずは文章などで伝え、改めて第三者を伴って話し合いの場を持つ
など適切な方法を考えなければいけません。

またDVなどの危険が及ぶ可能性もなく、心の問題だけで
あったとしても、切り出し様によっては、相手がどのように
豹変するかわかりません。

自分の本当の気持ちを伝えられるように、誠意をもった態度が必要でしょう。

右カラム中2<690✕160>小原・古川法律事務所

関連エントリー

離婚を考えているあなたへ

別れを伝える

離婚の理由

離婚の種類

離婚にかかる費用

離婚前後の住居環境

子供連れの離婚

離婚後の生活設計

いろいろな形

国際離婚

離婚体験記

運営者情報

関連サイト

Copyright © 2006 離婚の手続きをする前に見ておこう. All rights reserved