離婚にかかる費用

離婚にかかる費用

離婚するのは大変なエネルギーがいりますが、お金もかかって
しまうのか心配してしまいます。

離婚の中に慰謝料や裁判費用などと、なにやらお金のかかりそうな
イメージがありませんか。離婚のなかで費用がかさんでくるのは、
実は私的に頼む弁護士や司法書士などの費用です。

お金に余裕がなくても解決の方法はありますので、心配せずにまず
無料で相談できるところがありますので、問い合わせでみましょう。

協議離婚や調停離婚の手続きを自分で出来る場合には、
ほとんどお金がかかりません。協議離婚は、役場で離婚届が受理されれば
離婚成立ですので、基本的にはお金はかかりません。

しかし話し合いで決めた事柄を公正証書に残すとなると、
公正証書の作成費用がかかってきます。
次にお金をかけなくても済むのは調停離婚です。

調停申し立ての費用は印紙代900円と、呼び出し通知の切手代
(約800円)のみです。

これも、調停用の書類を作成するために頼む私的な弁護士などが
実費としてかかってきます。費用がかさんでくるのは判決離婚の場合です
裁判を起こすわけですから、自分が勝訴するためには弁護人が必要です
弁護人は私的に契約することになります。

素人が勝訴に持っていくのはかなり難しく、もしも裁判にもちこまれた場合は早めに弁護士と契約することをお勧めします。


法テラスの利用


第三者のサポートが必要なのに、弁護士等の費用の準備が
できない人も少なからずいるでしょう。まずは各地方に法テラス
(日本司法援助センター)がありますので相談してみましょう。

ホームページアドレス:http://www.houterasu.or.jp/

法テラスでは総合法律支援法に基づき法律上のトラブルを
抱えた人の支援をしています。

ただし利用するのにはいくつかの条件があります。
離婚に関しては「自分で費用が負担できないこと」
「勝訴の見込みがあること」です。

右カラム中部バナー 690*410px

右カラム中2<690✕410>クローバー総合調査

関連エントリー

離婚を考えているあなたへ

別れを伝える

離婚の理由

離婚の種類

離婚にかかる費用

離婚前後の住居環境

子供連れの離婚

離婚後の生活設計

いろいろな形

国際離婚

離婚体験記

運営者情報

関連サイト

Copyright © 2006 離婚の手続きをする前に見ておこう. All rights reserved