弁護士に相談

弁護士に相談

当事者間で話し合いがまとまらない場合、またあらかじめ揉め事を
避けたい場合などに弁護士を介したほうがスムーズな場合があります。

弁護士を頼むのは個人の自由ですので私的な契約となり、
相応の報酬金が必要です。

相談内容や解決までの期間、また事務所によって料金設定はいろいろです
また事務所によって得意分野もありますので、依頼する前にきちんと
聞いておきましょう。

どんな弁護士がいて、どんな依頼が得意分野なのか、
なかなか看板だけでは判断しかねる場合が多いです。
よく分からないときは、まず公共施設などで行われる法律相談などを
利用してみるのもよいでしょう。

自分のプライベートをさらけ出すわけですから、知り合いなどを
頼っていくと、かえって面倒なことになるかもしれません。

実績が多く誠実な人柄の人材を選ぶようにしましょう。
大きな金額ですが、今後の人生を歩き出すためにできるだけ
スムーズに嫌な思いを少なくするための必要経費だと割り切りましょう。

離婚というのは、分からなくて当たり前のことばかりですので、
躊躇せずに質問できるような関係であるべきです。

また相談していくことで気持ちが整理できたり、
離婚を思いとどまることがあるでしょう。
そのための金額ですので、用意するに越したことはありません。

弁護士費用は相談時間ごとに加算されます。
おおよそですが30分ごとに\5000はかかると思っていてください。
実務を依頼するときには、時間で計れませんので、
着手金・報酬金・事務手数料にかかる実費に分けて支払います。

依頼時に支払うのが着手金、成功した暁に支払うのが報酬金です。
しかし必ずしも思い通りの結果がでるとは限らず、
報酬金は成功に関わらず、基本的にはひとつの依頼内容が終わったときに
支払うのが 支払わなければいけない金額だと理解しておいたほうが
よいかもしれません。

だいたい着手に20~30万、報酬金に20~30万かかるといわれています。

右カラム中部バナー 690*410px

右カラム中2<690✕410>クローバー総合調査

関連エントリー

離婚を考えているあなたへ

別れを伝える

離婚の理由

離婚の種類

離婚にかかる費用

離婚前後の住居環境

子供連れの離婚

離婚後の生活設計

いろいろな形

国際離婚

離婚体験記

運営者情報

関連サイト

Copyright © 2006 離婚の手続きをする前に見ておこう. All rights reserved