配偶者暴力支援センターとは?

家庭内暴力というのはあなた自身が被害を受けているケースだけでなく、
子供や親など同居の家族が被害者であるケースもあります。
まずは「身の安全」を確保しなければなりません。
かならず助けてくれる施設がありますので相談しましょう。

緊急避難施設として各自治体が配偶者暴力支援センターを設置しています
警察や福祉事務所に相談しましょう。

またはNPO法人などが運営している民間シェルターと呼ばれる
避難施設があります。一時的なものですが空室さえあればすぐ入居する
ことができ、そこで生活保護を受けながら今後の生き方について
考えることができます。

しかしあくまで3ヶ月程度を目処とした避難のための施設ですので
早期に話し合いにはいるなど、時間に迫られることになります。
緊急に避難するときには、とても大事なもの、特に子供は連れて
出るようにします。

話合いによって関係を修復するほうに持っていくこともあれば、
そのまま離婚になることもあります。

基本的にはシェルターといえども先に家を出たほうが
親権に関しては不利になることがあります。

子供の意思を尊重することが大事ですが、以外と環境を変える事に
戸惑いDV相手のほうに留まる子供も多いのです。


家を出るときに必要なもの


・緊急連絡先・・・自分が連絡したい人のリスト
・運転免許証、健康保険証、またはコピー
・現金・通帳・カード類
・実印・実印証明カード・銀行印
・不動産に関する法的書類(抵当権決定書・賃貸契約書・土地の権利書)
・常備薬、かかりつけ医の受診票や薬の履歴
・裁判になるときに必要になりそうな証拠品
・そのほか大切な思い出のもの
・子供の大切なもの


暴力被害の証拠となるもの


・被害状況を記した日記やメモ、手紙やメールの記録
・被害状態を記録した写真やビデオ
・病院の診断書、負傷状態の写真
・壊されたものの写真や、壊されたそのもの
・目撃者の証言、陳述書
・警察への被害届

右カラム中部バナー 690*410px

右カラム中2<690✕410>離婚相談救急隊

関連エントリー

離婚を考えているあなたへ

別れを伝える

離婚の理由

離婚の種類

離婚にかかる費用

離婚前後の住居環境

子供連れの離婚

離婚後の生活設計

いろいろな形

国際離婚

離婚体験記

運営者情報

関連サイト

Copyright © 2006 離婚の手続きをする前に見ておこう. All rights reserved