子供の姓と戸籍の変更

子どもをつれて離婚するとき、もちろん血縁関係としては、
永遠に切れることはないのですが、戸籍上、どちらの世帯に
属するのかを決めなければいけません。

子供自身できめることはできず、離婚する親が離婚届のなかで、
子供の親権をどちらがとるのかきめなければなりません。

子供の戸籍は何もしなければ基本的には父親のほうに残ります。
ほとんどの場合、結婚して新しい戸籍を作るときには男性の家系として
作るためです。

しかし、中には女性が独立した戸籍をもっていて、
そこに父親となる男性が入籍している場合もあります。

そういうわけで子供の戸籍がそのままでよいのか、
どちらかの籍に移す必要があるのかを調べます。
戸籍を動かす場合には、「子の氏の変更許可申請書」を出して、
さらに市町村役場で「入籍届」を提出という2段階の申請を
しなくてはなりません。

母親を親権者として設定した場合「子の氏の変更許可申請書」は
家庭裁判所に出しますが、離婚後の親権を持つほうの親の戸籍謄本を
一緒に出さなくてはなりません。

戸籍を書き換えるのには、離婚届が受理されてから1
週間程度時間がかかります。

特にお住まいの市町村役場と、本籍地が違う場合はさらに時間が
かかってしまう場合があるので、すべてを同じタイミングで済ませて
しまうことはできません。


離婚届
 ↓
戸籍の変更
 ↓
新しい戸籍の完成
 ↓
子の氏の変更許可申請
 ↓
子の入籍

右カラム中2<690✕410>離婚相談救急隊

右カラム中部バナー 690*410px

関連エントリー

離婚を考えているあなたへ

別れを伝える

離婚の理由

離婚の種類

離婚にかかる費用

離婚前後の住居環境

子供連れの離婚

離婚後の生活設計

いろいろな形

国際離婚

離婚体験記

運営者情報

関連サイト

Copyright © 2006 離婚の手続きをする前に見ておこう. All rights reserved